北九州支店 営業2課 宮崎 隆久

早くもご指名を承りました『徒然なるままに・・・』。ご指名を受けて何を書こうかと思いつつあっという間の一週間が経過しました。時が経つのは早いもので、私が入社して12年目になりました。こんな書き出しで次に何を書こうかと考えている横では同じ2課の矢野君が一生懸命にナガイレーベン様のカタログを見て調べ物をしています。そして同じく2課の白本君が大和君の見積もりをチェックしています。

幸いにも最近のタイムリーな話題がありまして、今年は4年に1度のオリンピックが北京で開催されました。今回で最後の種目となったソフトボールは見事に日本が金メダルを獲得しました。そのソフトボールの大会に北九州支店の参加可能なメンバーで出場することになりました。9月6日に第一回目の練習がありましたが、真剣に体を動かしたのは社会人になって全くといって良いほど無く、久しぶりの運動に私一人ドタバタしていました。正直なところ甘かったです。何とかなるだろうと思っていましたが、距離感、強い打球に全く反応対応できず、悲惨な練習結果となりました。翌日は案の定、肩も足も筋肉痛です。その上レギュラー落ちの危機的な状況でもあります。

何とかしてレギュラー獲得を目指そうと翌週の練習にも参加しました。2回目の練習はレギュラー獲得アピールの為に華麗なプレーを目標にしていましたが、練習中から臀部が痛くなり、まあ痛くなくても同じ状況ではありましたが、悲惨なドタバタ劇は変わりありませんでした。何とか残り1回有るか無いかの練習で猛練習し代表メンバーに選ばれたいものです。悲しいことにこの文章がホームページに掲載される頃にはレギュラー当落が決まって、試合も終わっていることでしょう。

少しは仕事に関連付けて何かを書こうかと悩んでいるうちに結局まとまらず、書店に行ってサッカーの中村俊輔選手が書かれた『洞察力』という本を買いました。自分が書かないといけないのに人が書いた本をつい買って読んでしまいました。しかし、海外でプレーしている選手が書く内容は営業時の仕事にも通じるところがありました。彼はその日1日やれる事を100%やり、最善を尽くすこと。それを継続してきたそうです。常に壁を見つけ目標を立て、ふてくされる暇をもったいないと思い課題を察知し、サッカーに取り組んできたと書いていました。共感できると同時に意識していきたいと思います。

徒然なるままに・・・第4回目は山口営業所 井上意之君です。よろしくお願いします。

沖縄支店 伊覇 直人

『徒然なるままに・・・』ご指名頂き、何を書こうか悩みましたが、日常の仕事に追われながら生活している中で私のモチベーションを継続させるために必要な(?!)趣味の「釣り」について書きたいと思います。

釣りを始めたのは学生の頃友達と一緒にキャンプの時に始めたのがキッカケで、ビギナーズラックで1匹吊り上げる事ができました。釣れた魚はイラブチャー(ブダイ)の30cmぐらいでしたが、初めて釣れたときの魚信が忘れられず以後趣味となりました。一言で「釣り」と言っても、各地各場所でいろいろな釣り方があると思いますが、私がしている釣りは磯からの投げ釣りです。仕掛けは単純で道糸におもりをつけて鈎針にイカ・タコの切り身を付けて30~40メートル先に磯から投げるだけです。時間帯は夕方からの夜釣りがメインですので友達や家族とビール片手に魚信(魚の引き)があるのをひたすら待つだけです。沖縄は磯からでも沖釣りと同じような大きな魚が釣れます。

夜釣りをしている間は魚信(魚のアタリ)をわかりやすくする為に、竿先にホタル(蛍光)や鈴をつけるのですが、よく子供が間違って竿を触って鈴の音に過剰に反応してしまいます。肝心な釣果ですが、ここ数年はタマン(ハマフエフキタイ)の60cmクラスを狙っていますが、今年は50cmクラスを2匹にとどまっています。何とか年内に目標の60cmオーバーを釣り上げたいと思います。沖縄の魚は色と沖縄特有の呼び名(方言)に特徴があり、カラフルな亜熱帯特有の色をしています。旅行に来た方はご存知だと思いますが、刺身などで出てくるとその大きさと色に大抵の方が驚きます。味は賛否両論ありますが、慣れれば美味です。沖縄の方はほとんどが、沖縄方言で魚の名称を呼んでいるので和名で何と呼ばれているのか分からない物が実際あります。ここで少しだけ沖縄の代表的な魚の名称を紹介致します。

・グルクン     和名:タカサゴ                                                       ・イラブチャー   和名:ブダイ                                                 ・エーグワー    和名:アイゴ                                                   ・ウジュルー    和名:キス                                                     ・ガーラ      和名:アジ                                                      ・ミーバイ     和名:ハタ  ※実際は細かく名称がありますが省略させて頂きます

釣りをしていていつも思うことが、普段の目まぐるしい仕事の時間と釣りをしている時間が同じで時間でもゆったりしていて、つい「自分にも釣りをする時間があるんだなぁ」と自己満足してしまいます。それが自分自身のリフレッシュに繋がっていることを毎回、自覚させられます。また、家族がほとんど一緒なのである意味いい家族サービスの場としても欠かせないものになっております。

沖縄支店ではここ数年、支店の方々と数名で夜釣りツアーを開催していて、今年も9月14日に北部方面で予定しております。昨年も夕方から数名で釣りをしまして翌日の朝は釣った魚を刺身や味噌汁にして楽しみました。(日高副支店長主催)今年の釣りツアーではボウズにならないようにしながら、釣りはもちろんですが参加される方ともいろいろな話をしながらゆったりとした時間を過ごしたいと願っています。夜空の元で鈴の音に耳を研ぎ澄ましながら楽しんで、翌日はおいしい朝食が食べられるように頑張りたいと思います。

最後になりますが、いろいろな意味で今回の機会を頂いた坂本係長ありがとうございました。徒然なるままに書いてみましたが、結局自己PRになってしまいました。もし沖縄に来られる際には、釣りが出来るポイント以外にもいろいろご案内ができますのでご一報下さい。お待ちしていま~す。

徒然なるままに・・・第三回目は北九州支店 宮崎係長です。宜しくお願いいたします。