千葉営業所 北里です。

まず、私が住んでいる千葉県を簡単に紹介します。

関 東地方の南東側に位置し、総人口約620万人(全国6位),面積5,156k㎡(全国28位)起伏が少なく、東・南は太平洋・西は東京湾にと、三方が海に 囲まれている半島です。人口の1/4が集まる千葉市(人口約98万人)には大型商業施設があり、幕張メッセやマリンスタジアム等もあります。浦安市には有 名な東京ディズニーリゾートがあります。

今回は、私が千葉に来てからの2年間ではまってしまった出来事を書く事にしました。

まずは、夢と魔法の国 東京ディズニーリゾート

福岡にいる頃から東京ディズニーリゾートには2回ほど行ったのですが、福岡から2泊3日で行く と約20万円かかってしまうので、数年に1回行ければと思っていました。千葉県に住む事になると家族も東京ディズニーリゾートが近くにあるのですぐに行っ てしまい、妻から「福岡から東京ディズニーリゾートに行く事を考えれば年間パスポートを今、買っても金額は同じよ。」という意見に納得(?)し、そのまま 購入してしまいました。それからは週末となると東京ディズニーリゾートに行き、1年間で約40回ほど行ってしまいました。

年間パスポートを持っているので少ない時を狙って好きなタイミングに行く事ができるので、すべてのアトラクション,パレードを制覇してしまいました。

まさにディズニーマニアになってしまいました。

妻と娘は、ミッキーマウスやドナルドダックが以前から大好きでしたので、行くときは服にディズ ニーグッズをつけ一日中楽しんでいましたが、私は、さすがに・・と最初は家族についていく状態だったのです。しかし、どんな人も笑顔で楽しんでいる姿とそ の雰囲気に、気持ちがかわってしまい、いつのまにか私も頭にかぶり物をつけ、ミッキーマウスに手をふり、家族同様に楽しんでしまいました。行った事のない 方はぜひ一度は行って観て下さい。まさに夢の国ですよ。

そして、二つ目はダイエットです。

私は、昔からよく食べるわりには太らない体質で20歳の時は身長170cmで体重47kgしかなく、まさにガリガリ状態でした。

それから20年後の今では、娘から「パパのお腹ブニョブニョだね。」との言葉が・・そして、ふとお腹まわりを見るとあなたは誰?と思ってしまうくらい脂肪がついていました。「なんじゃーこりゃー・・」と叫び、鏡をよく見るとあごのラインがなくなりつつありました。体重をはかると70kgもあり、まさにメタボリック寸前の自分の姿に大ショックをうけました。

次の日から娘が夏休みで1ヶ月間、妻と二人で福岡へ帰郷する予定になっていたので、「よし、二人を驚かしてあげよう」と羽田空港の出発ロビーで心に決め、その日からダイエット&筋力トレーニングを始めました。

まず、目標を体重60kg前半にすることを決めました。ですが・・・私は、基本的に怠け者でいつもいかに楽をするかを考えている性格なので、大胆な事をしても続かないのは分かっていました。

とりあえずと思い、始めに食事内容を変えることにしました。

朝食は、バナナとヨーグルト

昼食は、おにぎり2個

夕食は、仕事帰りが遅く23時ごろ食べる事が多い為、とにかく炭水化物を減らす事を考え、白飯をいつもの1/3まで減らし、野菜中心にしてみました。

そして、クランチ(腹筋)を毎日50~60回程度を行いました。

普段慣れない料理もすることもあり、すべてが終わるころには夜中の3時をすぎる事もありました。

かなりストイックな毎日を過ごしていましたが目標を達成するまでは我慢と思いながら、1週間後に体重をはかると65kgになっていました。

たった1週間で5kgも減った~とガッツポーズをし、追加して何かをすれば

もっと痩せるかも・・とすぐに調子にのり、会社の同僚と近所にある千葉県国際総合水泳場に2回/週程度通うことにしました。

ここには、よくバラエティー番組で使用される10mの飛び込み台があります。許可がないと使用できませんが下から見ているだけでも洒落にならない高さです。

 

県立国際水泳場だけあって入場料は2時間で500円と安く、すごく広く開放感もあって仕事のス トレス解消にはピッタリでした。水泳は中学生以来でしたが泳ぎは得意とずっと思っていたので簡単な気持ちで泳ぎ始めました。自分の中では北島康介ばりの平 泳ぎがでているつもりが・・、息は続かないし、体は沈まないし、前にも進まない・・どうして・・・と体力の無さと脂肪の多さにショックをうけ、改めて目標 達成を心に誓い、一日に500m~1000mほど泳いでいました。

それを、続ける事1ヶ月後、体重は、60kgになっていました。

1ヶ月で10kg痩せる事に成功し、目標を達成する事ができました。

目標を達成できた嬉しさと1ヶ月ぶりに会える家族をびっくりさせてやろうとワクワクしながら、 羽田空港へ迎えに行き、到着ロビーで待っていました。妻と娘が到着ロビーから出た瞬間に娘が抱きついてきてすぐに「パパ何だかペチャンコになったね~。」 と笑顔で言ってくれて、グッと拳を握ってガッツポーズを決めたのですが、妻からは何もありません・・?「あれ? わからないの?」と帰りの車の中で言う と、妻から「まともな食事とってないんやろ・・」と言われました。妻は、私がダイエットしたと思わずに食事を摂らなかったから姿がすっかりやつれてしまっ たと思い気持ちが引いてしまったのです。すぐに話して分かってもらい。喜んでもらいました。

このダイエット生活で、何をするにしてもモチベーションが大切で、目標+手段=モチベーションにつながる事がわかりました。それからは、体と心の変化に敏感になってきて私生活と仕事が充実してきました。

これからも、よいモチベーションをもって充実した生活が送る事ができればと思っています。

つぎは、北九州支店の早崎君、よろしく!

宮崎つながりと言うことでご指名いただきましたITC東関東支店 中武です。

ちょうど良くゴールデンウィークもありましたので、我が家でやったことを綴って見たいと思います。

千葉営業所時代からここ5年ほど私が休日の朝食と夕食を作るのが我が家の習慣となっています。 とはいえ作る料理と言えばネットでおいしそうなレシピを拾って作るため、奥さんから言わせれば余計な調味料や食材の費用がかかっているらしい(冷蔵庫とに らめっこしておいしい料理を作ってらっしゃる主婦の皆様はえらいと思います、本当に)。

しかもチビチビと焼酎を飲みながら作るため、多くは濃い味の居酒屋的メニューが食卓に並ぶことも多く、子供のおかずとしては・・・と思われるものが出ることが多いのですが。

そういえばまだ子供が小さいころは「モツ鍋」の最後にうどんを入れて煮込み、モツはキッチンバサミで細かく刻んで離乳食としてあげていた覚えがあります(笑)。

そんな子供たちも立派に小学6年生(長女)と3年生(長男)に育ち、好きな焼き鳥は「ナンコツ」、夏には「たこオクラ(オクラを湯通しして細かく刻み、よくかき混ぜてタコブツをあえてポン酢で味付けしたもの)」をリクエストするなどいい感じにオッサン化してきています。

まぁ好き嫌いなく何でも良く食べてくれる子供に育ってくれたことに感謝、感謝。

スーパーに行けばいろいろな食材・惣菜が並んでいますが、地元宮崎を離れて20年数年、時にどうしても無性に食べたくなるものがあります。それは『チキン南蛮!』

ここ数年はETC休日割引を大いに利用して車で1400km、19時間をかけて夏期休暇を利用して宮崎まで帰省しています。食道楽でせっかくだからとあちこちで名産品を食べて帰ることが多いのですが、やっぱり実家で食べるチキン南蛮が美味しいですね。

実家に帰省すれば『チキン南蛮』・『地鶏のたたき』・『地鶏の炭火焼』など鶏に始まり鶏に終わる1週間。冷蔵庫を開ければただビー(ただで飲めるビール)とともに満喫できる我が家。

決して特別なチキン南蛮ではなく、我が家のお気に入りは瓜生野にあるスーパー「ウイリー」の惣菜コーナーのおばちゃんが作ってくれるもの。1パック¥300前後で、とにかくおいしいのでわざわざ電話で予約して買ってきてもらっています。

ところが・・・なんです。そんな庶民の味が大都会 東京にないのです(厳密には埼玉ですが・・・)。

こちらではチキン南蛮と書いてあっても似て非なるもの、全くなっちょらん。そりゃぁ、高いお金を払えば都内の宮崎郷土料理屋で食べることは出来ますが。

何がダメかって・・・。

多くはただのから揚げにエビフライ用のタルタルソースをかけただけ。

ダメダメ!

「そうだ、こうなったら自分で作ろう」って作ってみました

もちろんタルタルソースも手づくりします。みじん切りしたタマネギをよく搾り、刻んだピクルスを入れます。更にゆで卵もみじん切りにしてマヨネーズも一緒に加えます。塩・コショウで味を調え、最後にレモンをしぼれば出来上がり。

ほら、やっぱり焼酎が登場しました!

サラダほうれん草にカリカリに焼いたベーコンとニンニクスライスを散らして適当サラダの出来上がり。チキン南蛮といえば付け合せはキャベツの千切りとキューリとトマト。

これで『味のおぐら』っぽくなってきたでしょう?

そう、焼酎はやっぱり『霧島』ですね。しかも20度。しっかりとロックで飲んでます。

鶏のもも肉に塩・コショウをし、小麦粉をまぶして溶き卵にくぐらせてフワフワに揚げます。

揚げたてを南蛮酢につけてしっかりと味をしみこませます。

やっぱりこちらで売っているチキン南蛮では満足できないんです。この日は子供たちも喜んでくれましたよ。

料理が出来上がるころにはチビチビ飲んでいた焼酎で酔っ払い(オッサン)も出来上がり、つまみ食いをしながら、飲みながらで結構いい気分でした。

見よう見まねで作ったチキン南蛮でしたが何とかそれらしく出来ました。

こうして我が家の休日の食卓にはオヤジの作る居酒屋っぽいメニューが並び、子供たちや奥さんに喜んでもらっています(後片付けまでキッチリやってさらに好感度 アップ(笑))。

飲んで食べてばかりではよろしくないということで・・・。

最近は自転車ブームです。ブームに乗ったわけではないのですが自転車に乗っています。

東関東支店への通勤は自転車です。中古のMTBを購入し、たった10分の通勤に使っていたのですがひょんなことから少し遠くまで行ってみようと思い立ち、担当施設まで30分ほどかけて行ったことがきっかけで自転車にはまってしまいました。

その時心に留まったフレーズは『自転車は究極の有酸素運動』『自転車に乗って痩せよう』

そうです、長い時間体を動かし続けられて、しかも足腰への負担が少なく、楽しめる運動だったのです。おかげで1年半ほど続いていて、ピーク時の体重よりも10kg、ウエストもcmといいことばっかり。これはいいとばかりに、体調がいまいちだった奥さんにも『いい運動になるよ』と誘って今では共通の趣味となっています。

どうせやるなら本格的にと近くのショップでロードバイクをそれぞれ購入し、仕事でなければ週末の早朝7時前から9時頃まで約40kmほどを2時間かけてサイクリング道を中心に走っています。何せ休日は子供たちに朝ごはんを作らなければならないので・・・。

 

子供たちが春休みだったこの日は奥さんの実家に子供を預けて自宅から菜の花が満開の利根川沿いを走り抜けて自宅に戻りました。とっても気持ちのいいサイクリング日和でした。

途中の牧場でこんなプチ贅沢をし、楽しい春の1日を満喫しました。

埼玉県にはこのような自転車道が荒川・利根川・江戸川・入間川などに整備されています。

なかなか1日かけてのロングライドはできませんが、時間を作って楽しんでいます。

そんなこんなでゴールデンウィークがやってきました。

ゴールデンウィークの観光地や高速道路はどこも大渋滞。人は多いしお金もかかる。

と、言うことで今年の我が家は自転車活動をメインにしました。題して・・・

『熊谷チャレンジ 30km『ロングライド めざせ100km 渡良瀬遊水地』

何度か自転車で熊谷の奥さんの実家を往復していた私たちに感化された小学3年生の息子がある日『僕も行ってみたい・・』と言い出したのがきっかけで、季節がいいこの時期がベストと熊谷チャレンジを5/2(日)に決行!

この日も絶好の自転車日和。途中2回ほど休憩しながら、初夏のような風を感じて荒川の土手を進んでいきます。

途中でゆっくりサイクリングをしてきたじじ&ばばとコスモスアリーナで待ち合わせ。そこからは 6人で熊谷の実家を目指し、自宅を出発して2時間半で到着。その日の息子の日記には『案外近かった・・』という文字がありました。『熊谷チャレンジ』は大 成功。やり遂げる自信がついた、いい経験になるといいなぁ。

大満足な子供たちを奥さんの実家に預け、私達は明日の『ロングライド 渡良瀬遊水地』のため、『自宅へチャレンジ・・』と来た道のりをまたまた自転車で戻ってきました。

翌朝8時過ぎに自宅を出発し、一路利根サイクリングロードを目指します。途中休憩を取りながら順調に進んでいましたが突然堤防に大勢の人が。

偶然にも『加須の巨大鯉のぼり』に遭遇。毎年3日に行われている長さ100メートルある巨大な鯉のぼりを大型クレーンであげるイベントです。おかげで30分ほど堤防の上を自転車を押して歩くことになってしまいました。

更に一般道を走り続け、ようやく目的の渡良瀬遊水地に到着しました。ここは埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県の4県の県境になっている全周約10kmの大きな調整池です。

とても10kmは走る時間と気力もなく1/4周して帰路につきました。帰りは群馬県内を道に迷いながら進み、どうにか埼玉へ戻ることができました。

ちょうどその頃から自転車の最大の敵である向かい風が時間を追うごとに強まり、足の疲れと焦りでお互い無口で、ため息ばかり・・・。

それでも漕げば進む自転車。見慣れた風景に励まされて、ようやく6時前に到着!

走行距離 120km! 乗車時間 6時間15分 消費カロリー 1692kcal

自己最長距離。いやぁーやりました。予定を20kmもオーバーし、奥さんからは『ちょっとやり すぎじゃない?』言われましたが、帰ってお風呂に入って一息ついたら頃から心地よい疲れがじんわりとやってきました。そして使ったカロリーを補うかのよう に美味しくビールをいただきました。

健康体で好きなことができ、運動で汗をかき、ストレスを発散し、美味しいものが食べられることの幸せを実感した2つのゴールデンウィーク企画でした。

その幸せを再度確かめるために翌朝も7時前から単独走行で45kmほど・・・。

あぁ楽しかった。3日間の走行距離は223kmと結構な距離になりました。

埼玉県内を北上した今回でしたが、次の目標は埼玉県を南下するコース

『ロングライド めざせ東京湾 葛西臨海公園』

荒川沿いを下るコースでホビーライダーが100km越えによく使うコースです。すでにこのチャレンジに成功している後輩 山脇氏に道案内をお願いしています。

いつかこんなところも走ってみたいもんですね(日南海岸)。

こうして我が家のゴールデンウィークは健康的に終了しました。

子供たち・両親の協力のおかげで非常に楽しい連休を過ごすことができました。感謝!!

さぁ次のお休みを楽しみにお仕事頑張りましょう!!

次回はITC千葉営業所の北里係長にお願いしています。

お楽しみに・・・。

 

Surprise好きの宇治木君、ご指名ありがとうございます。

私が上司だった頃は、いつも驚かされる事ばかりでしたが、 楽しかったですね(笑) バスキュラーリズム専任部の門松です。

さて、何を書こうかと悩んでいると・・・飲み会の誘惑が・・・ 「ぎゃー締切が迫っている!ヤバィ!!」と思いながら、また飲んでいます。 結局、夏が近いこともあって、穴場?紹介にします。

海を愛する兄(サーファー)の紹介で行った延岡市北浦町の「浜木綿村キャンプ場」です。 家族は大の虫嫌いだし、暑いの苦手だし、泊まる所が心配・・・と思いながらも「絶対最高!!」 との言葉を信じ、キャンプ場へ。

着いてビックリ!!

見渡す限り、一面真っ青な海・・・綺麗 (^。^) private beachみたい

海底には海胆がギッシリいて、危うく踏みそうに!!(靴履きましょう) 「食べれるのかな~」と海中を覗いていたら、沖に流されそうに・・・ やはり、「海胆」は「雲丹」の状態がいいですね。

心配していた宿(ケビン)ですが、冷暖房・バス・トイレ・冷蔵庫・キッチン・食器・バーベキューセット TVなどが完備され、かなり快適な環境でした。(虫もいないし、涼しいし、最高!! by妻)

 

綺麗な海・綺麗な施設・最高の食事(食材は必要)と小旅行としては大満足でした。 後、「道の駅北浦」に「竜宮の遣い」の標本がありました。(体長3.3m・重さ20kgの剥製らしい) この深海魚の存在を知らなかった私は、何?魚?何?生き物?・・・と不思議な感覚に(>。<) まだあると思いますが、是非、一度見て下さい。ビックリしますよ!!

旅行といえば、子供が小学生になってから、毎年一回、県外家族旅行をしようと計画しました。 九州は殆ど制覇したので、今年はどこにしようか?考え中・・・です。

次は、アイティーシーの中武先輩にパスします。宜しくお願いします。

長崎の前田さん(三景台)からご指名いただきました宇治木です。

ざっと移動の履歴を書きます。初任地は長崎で3年、次に宮崎で1年半、いろいろあって熊本に4ヶ月、現在八代支店(ちょうど赴任して3ヶ月です)に勤務しています。

「主に泣いてます(おもにないてます)」というテーマで書こうと思ったのですが、まったく内容を思いつかないので、今までの勤務地で出会ったり見つけたりした「私の好きなもの」について書こうと思います。

① 竜馬が歩いた道

長崎支店に勤務していたとき月末、バス代にも事欠くと愛宕のアパートまで歩いて帰ってました。

そのころは寒竹課長が長崎支店に居られて、愛宕の上の三景台(前田さん家のちょっと下でしたよ ね??)に住んでおられたので、私が歩いて帰るときは付き合って歩いて帰ってくれていました。寒竹課長と歩いて帰っていた道は、茂木に抜ける国道の川沿い の方の旧道で、たぶん竜馬も歩いたことがあると思います(私が勝手にそう思っているだけです)。カップ酒飲みながら、大笑いして川沿いの道を歩いていた のが大昔のことのような気がするのに、まだ2年しかたってないのが不思議な気分です。

写真無いので想像してもらうしかないですが、結構気持ちのいい道です。

img_0125

(参考:当時の長崎支店)

② 宮崎のうどん

宮崎については書きたいことがいっぱいあるのですが、書き出すときりが無いので宮崎のうどんに ついて書きます。今回書くのは釜揚げうどんではなく(釜揚げうどんも好きです。)、普通のセルフのうどん屋です。県北の人たちは大体天領うどん(富野談) みたいですが、市内にはいくつかメジャーなうどん屋があります。

私は豊吉うどんが好きです(近いから)。安いし二日酔いの時にはいいですよね。うどんにコシなんて必要ないんだなぁということをしみじみ感じます。

100328_132601

(参考:本文中にはまったく出てこなかった「くまそうどん」のチキン南蛮定食です。)

宮崎には他にも、ギャルの店ますみや(宮崎のシマムラ)や西銀座通り、ポパイに天神山の花見、イオンショッピングセンター、大淀川など大好きなものはいっぱいあるのですが書き出すときりが無いのでこの辺でやめておきます。

あっ、馬場や憲三先輩と行った肉一番(花村さん推薦)も支店みんなで行った日の出ホルモン(ボーナス出た後みんなで行きましたよね)もまた行きたい!!

(写真ありませんので、宮崎のあのジュージューしたたるせせりが焼けるのを想像して下さい。)

img_0200

(参考:天神山の花見)

img_0235

(参考:カリーノ(元の寿屋)のビアガーデン)

いよいよ文章が取り留めなくなってきましたのでこのあたりでおしまいにします。

次の担当者は、私の師匠、熊本支店の中矢お姉さま☆と市川お姉さま☆

office

(参考:左より西村さん、市川(姉)、うじき、中矢(姉)) ではなく、

私たちの門松隊長です!!

乞うご期待!!