ITC東京西営業所の森崎さんからご指名をいただきました、ITC千葉支店の森と申します。思っていた以上に早い段階で順番が回ってきたので、びっくりしました(^_^;)

 

さて、バトンが回ってきた以上いつも通りの平凡な日常を送っていてはよろしくないと思い、実家に帰るがてら大学時代を過ごした山口県下関市をプチ旅行してきました!

 

4年間住んでたのに今更?という感じですが、大学時代の私にとって下関はあくまで住むところであって観光地として意識したことはなかったんですね。その結果、「下関って何があるの」と言われても全く答えられません…これではダメですね(・_・;)

というわけで、今回は観光目線で下関を回ってみました!

 

まず、最初に向かった場所は赤間神宮です。

 

ここは1185年に起きた「壇ノ浦の戦い」で入水により亡くなった安徳天皇とこの戦いによって滅亡した平家一門を祀った神社です。安徳天皇は8歳という歴代最年少で亡くなったのですが、その理由は源氏との戦いに敗北し死を悟った安徳天皇の祖母である二位尼が「極楽浄土という素晴らしい所に連れて行きます」と言い、安徳天皇を抱きかかえて海に心中したからだそうです。なんか悲しいですね(;一_一)

 

そして、宮内のおみくじを引いてみると

……頑張ります!

ちなみに地元民曰くここは心霊スポットでもあるみたいです、なんでも平家の落ち武者が出るとか…

 

 

次は唐戸市場という所です。

…下関と言えばで有名な例の魚が2番目の写真の中央にいますね。

下関の人はフグのことをフクというそうです。美味で人を幸福にするから幸福の「福」をとって、そう呼ぶみたいですね(^v^)ただし、フグの毒はテトロドトキシン(通称TTX)という強い神経性の猛毒で、致死量は青酸カリの500分の1(名探偵コナンより抜粋)です。死に至る可能性が非常に高いので、もし家で料理される場合はしっかりと毒を抜くようにしてくださいね。(でもやらない方がよいと思いますよ)

ここ唐戸市場は業者向けの卸売市場の機能と一般市民向けの小売市場が一緒になっているという珍しい形態の市場とのことです。普通の市場に行ったことないので、違いはよくわからなかったですが(笑)

お昼ご飯はここで買った一貫600円の大トロです(*^_^*)。かなりおいしかったのですが2400円が3分でなくなりました……もっと味わえばよかった(/_;)

 

 

次は海峡ゆめタワーという場所です。

ここは地元のテレビで「カップルで行くと結ばれる」とCMで謳われている場所です。もし下関でデートするというような展開になったら、ぜひどうぞ(^o^)丿。今回は時間がなくて行けませんでしたが展望台の景色は日本海や関門海峡が見渡せて、素晴らしいらしいです。自立式タワー(展望台除く)では西日本1位です。微妙なステータスですね…

 

 

次は下関市立大学です(観光地ではないですが…)。

僕が4年間お世話になった大学です。丁度学園祭で様々な団体が屋台を構え、活気づいている様子でした。感想としては…後輩頑張っていました。ただ、例年に比べて屋台や生徒の人数が少なく感じました。やはり、少子化のせいですかね?(^_^;)

 

 

最後に関門海峡を撮りに本州の最西端へ。

向こう側は福岡県の門司になります。夜は夜景がとてもキレイです!(暗くなるまで居れませんでした、すみません)

 

 

以上なのですが…長くなってすみません(^_^;)

今回の旅行で4年間いて気づかなかったことや知らなかったことがちょっと見つかったので勉強になりましたし、なつかしい人に会ったりして純粋に楽しめたので良かったと思います。ただ、他にも(宮本武蔵と佐々木小次郎で有名な)巌流島などまだまだネタはあったのですが、時間なくて行けなかったりと若干悔いが残る旅行になってしまいました。今度行く機会があればゆっくり見て回りたいと思います。

皆さんも、もし山口県に行く機会があったらぜひ立ち寄ってください!!それから、ITCの皆様はキックオフミーティングお疲れ様でした。

次回は大学時代からお世話になっている山口県出身で福岡支店の山田直史さんにバトンを渡したいと思います。では直さんよろしくお願いします!

 

今回、東京支店 岩下君より「徒然なるままに・・・」のご指名を頂きました、東京西営業所の森崎 匡一と申します。宜しくお願い致します。岩下君とは東京支店で色々と語り合ったり、すすむに行ったり、競馬にも、、、あ、競馬はまだ行ってません。今度連れていってください。

さて、今回私からは、ミドリムシについてお話させて頂きます。

ミドリムシといえば・・・小学校の理科の授業で出てきたのを思い出しますが・・・髪の毛の太さが約0.07mmに対し、ミドリムシは全長わずか約0.05mmという非常に小さな微生物(正確には、藻の一種)。その姿は顕微鏡無しでは見ることができません。そんな小さな体に秘められている可能性は無限大!!とのことで、現在東京大学などで様々な研究が進められております。

その中の一つに・・・人間はミドリムシの栄養素だけで生き延びられる!との研究結果が!スバラシイ!!

研究結果によると・・・

ミドリムシは動物と植物の両方の性質を持ち、ビタミン、ミネラル、アミノ酸など、実に59種類もの栄養素を備えているそうで、人間が生きていくために必要な栄養素の大半を含んでいるといっても過言ではありません!このような高い栄養価を誇るミドリムシは、先進国の人々にとっては日々の食生活で足りない栄養を補う栄養補助食品やサプリメントとして頼りになる存在であり、発展途上国などで微量栄養素の不足に苦しんでいる人々に向けた食料援助の素材として、ミドリムシは大きな手助けとなりうる可能性を持っています。

ということで・・・

そんなに凄いんだミドリムシ・・・摂取できないかなミドリムシ・・・摂取したいなミドリムシ・・・と思い、調べたところ・・・

なんと!!!

ありました!!!

ミドリムシ入りラーメン

その名も、

みどりラーメン!!!

 

つけ麺などのメニューもありましたが、もちろんみどりラーメンを注文!!!

 

ミドリムシを粉末上にしたものをスープに入れているみたいです。麺には練りこんでおりません。パッと見はそんなに緑っぽくありませんが、レンゲでスープをすくうと・・・

結構です。

やや塩気の効いたストレート麺。とんこつベースのスープは、海苔というか磯っぽい味がほんのり感じられました。非常に具沢山で、特にチャーシューは口の中でとろける程やわらかく煮込まれており、チャーシュー凄く美味しかった!

完食!!

ミドリムシはスープに含まれている為、スープを残したらもったいない!意味がない!

ということで、スープ全て飲み干しました!!

ミドリムシは虫ではありません!目に見えない藻系の微生物です!栄養満点!そんなミドリムシ、皆様も是非チャレンジしてみてください。サプリメントもあるみたいです。

次は千葉支店 森君お願いします!!

 

今回の「徒然なるままに…」を担当させて頂きます、アイティーシー東京支店の岩下と申します。

4月に城さんが東京支店で研修を受けていたので面識はありますが、まさか徒然のバトンが回ってくるとは…てっしー元気?

徒然を書くに当たって、色々と考えました。最近始めたゴルフの話…いやいや…素人過ぎてネタが少ない…。今年から始めたダイエットの話…いやいや…効果が無さすぎて人には話せない…

………やっぱりこれしかない。私の社会人としての一年半、共に歩んで来た…これです!

そうです。競馬です。

競馬というとギャンブルといったイメージが先行してしまいがちですが、いやいや!競馬は、スポーツです!騎手、競争馬共にレース中は様々なドラマが生まれるんです!

競馬場は大きなレースがある時は10万人以上の来場者数になる時もあるんですよ!有名な歌手のライブより多くの人が競馬場へと足を運びます。私もその1人です。ということで、皆さんにもその1人…いやいや少しでも興味を持って頂けるように、競馬の基本的なお話をさせて頂きます。

 

競馬は大きく分けて三種類のレースがあります。①芝のレース②ダートのレース③障害物レース

①はその名の通り、芝のコースを走ります。日本の大きなレースは大抵がこの芝コースで行われます。

 

②はダート=砂で出来たコースです。芝のコースよりもレースのタイムが比較的遅くなり、馬によっては舞った砂が目に入り嫌がることがあります。

 

③は障害物を乗り越えて走るコースとなり、障害物に引っ掛かって馬がこけたり、着地のタイミングで騎手が馬から落ちたりと、思いもよらない展開になることが多々あります。何よりも、実況の方の「踏み切ってージャンプ!」の一言にはその日一番の気合いがこもっています。

競争馬によって得意・不得意が大きく別れますし、更に競争馬には様々な走り方が存在します。長いと3,000メートル以上の距離を走る訳で、いくら馬といえずっと同じペースで走り続けることは不可能です。ですから、騎手が馬をコントロールして、そのペース配分を行うわけです。その走り方には大きく分けて4つのカテゴリーに分かれます。

 

 

・逃げ

そのままです。レース開始直後から先頭を走り、体力の許す限り全力疾走します。えぇ。最後とか、もうバテバテです。前半に貯めたリードの分を貯金として、最後は追いつかれ無いようバテバテで走ります。

 

 

・先行

レースの最中は先頭集団について、上手く体力を維持しつつ、最後はバテバテの馬をそれなりにバテバテで追い抜かす戦法です。

 

 

・差し

レースの最中は中団・もしくはその少し後ろ辺りで進め、最後の直線でそれなりに余した体力を利用し、先頭の馬たちを追い抜かして行きます。この差しが決まるととてもスタイリッシュですが、前の馬達が邪魔でスピードに乗れなかったり、意外と体力が持たなかったりすると、実況に名前を呼ばれないままレースが終わります。最悪です。

 

 

・追い込み

レース終盤一発勝負!レース中の殆どが後方で、先頭から離される時は20馬身(1馬身は馬一頭分)以上離されてレースを繰り広げます。もう終始不安だらけです。しかしながら最後は残された体力を存分に生かし、前の馬達をごぼう抜きして行きます。これが上手く決まった時の衝撃は競馬の中で一番盛り上がる瞬間ではないでしょうか。レースの展開を騎手が読み違えると最後だけ一生懸命走っても余りにも離された結果、全然間に合わない時があります。これも下手をすると名前が呼ばれません。最悪

 

 

これらの走り方というのは馬の体力・瞬発力・更には馬の性格なども考慮しながら適性を選ぶのですが、私的には一番好きなのは「逃げ」です!駆け引きなしの全力勝負!まさに男の中の男(もちろんメスもいます)。その走りには思わず「頑張れ!!!」と声に出してしまいます。

…如何でしょうか。少しは競馬に興味をもって頂けましたでしょうか?単純に強い馬がかつわけでは無く、その日その日のレースの展開・馬のその日その日の体調、気分・騎手との折り合い(馬が素直に騎手の指示に従っているか)によって結果は大きく左右されます。

自分の好きな馬を応援するのもよし!エスパーのように感性に任せるもよし!馬券の選び方に正解なんてものは絶対にありません!

皆さんも一緒にレース開始のファンファーレに合わせて誰よりも大きな手拍子をしてみませんか?テレビでも中継をしているので、家でも手拍子出来ますよ

ということで以上、アイティーシー東京支店 岩下の徒然なるままに…でした!次のバトンは私の親愛なる大先輩!アイティーシー東京西営業所の森崎匡一さんに回させて頂きます!宜しくお願いします!!!

 

ITC東京支店の船津さんからご指名頂きました、ITI営業本部の城(じょう)と申します。

船津さんとは、私が東京支店に出社した際に同行させてもらいました。お昼にラーメン次郎の本店に連れて行って頂いて、想像以上の大盛りに驚きました。それでも、船津さんは完食されていました。その節はお世話になりました。ありがとうございました。

さて、徒然がまさか自分に回ってくるとは思ってなかったので、何を書こうか悩んでいたのですが、最近の私について書こうと思います。

私は大学に入ってよくアビスパ福岡の応援に行っていました。9月17日も台風が九州に接近し雨が降る中、レベルファイブスタジアムアビスパ福岡VS町田ゼルビアを観戦しに行きました。

写真が見にくく、すみません。久々の観戦ということもあり、気合十分で応援用の洋服を着て行きました。

←私です。

 

  試合前に選手たちが練習をしています。サポーターの皆さんも気合十分ですね。

 

試合結果ですが、前半にアビスパのオズマール選手1得点したのですが、後半ゼルビアの選手に1点入れられ、同点で試合終了しました。(泣))しかし、久々にレベスタに行って観戦でき、とても楽しかったです。

また、9月30日のアビスパ福岡VS横浜FCの試合も観戦に行こうと思ってます!!皆さんも是非レベスタに来てアビスパを応援しましょうーo(^▽^)o

 

次に、9月23日は人生初の福岡競艇に行ってきました(´∀`)☆

もともと行く予定ではなかったのですが、近くを通っていたら、おじさん達がたっくさん競艇所の中に入っていったので、興味本位で私もしてみました。

またまた、写真が見にくく、すみません。友達と行ったのですが、賭け方も何も知らず戸惑っていると知らないおじさんが親切に発券の仕方や新聞の読み方を教えてくれました。ありがとうございました♪

結局、第3レースまでで1000円賭けて、見事に負けました。おじさんは勝ってたみたいです。

私には、ギャンブル運がないんだと思いました(´-ω-`)しかし、レース中は夢中になってとても楽しかったです。また機会があれば行きたいないぁ~と思います☆

では、次回はITC東京支店の岩下さんです。宜しくお願いします。

 

北九州支店 丸田さんからご指名いただきました、ITC東京支店の船津祐紀と申します。

丸田さんには東京支店にて随分とお世話になりました。私はこの会社に拾われて既に4年半程経ちました。日が経つのが早いとはこの事でしょうか。といっても、まだまだ30歳。これからも頑張っていきます。今回、お話しをいただいた時は正直何も思い浮かびませんでした。在り来たりの題材ですが、①食べ物ネタ②近況報告で行こうかと思います。

 

①東京支店 近場のランチ

最近、自分の中で一押しのお店2店を紹介致します。2,3ヶ月前になるのですが、ふと立ち寄ったお店がありました。「一間酒場 1丁目1番地 神田駅東口店」というかつ丼屋さんです。夜は立ち飲み居酒屋です。

○上がかつ丼 

○下がソースかつ丼

このボリュームでなんと400円!!さらにお味噌汁付です。普通盛りでもかなりの量です。大盛りを頼むとご飯の量だけでも1kgあるとかないとか。最近は、支店の方々と時間が合った(時折)時は一緒に行っております。この前は後輩が大盛りを食べ切りました。すごいの一言です。ただ、後から気分悪そうにしていたので、やはり普通盛りで十分だなと思いました。お昼は400円ということもあり、サラリーマンの方の行列が出来ています。回転率は早いので、すぐに食べる事ができますよ。今度は夜の雰囲気を味わってみたいですね。

 

次は首都圏ならではのお店になります。ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、「ラーメン二郎」です。自分は通称「ジロリアン」と周りから言われる人種ですが、三田本店と目黒店しか行ったことがありません。今回は三田本店のご紹介致します。店舗の場所は慶応大学の隣にあり、メニューは下記の通りラーメンしかありません。

ラーメン 600円、ぶたラーメン 700円、ぶたダブルラーメン 800円、大ラーメン 650円、ぶた入り大ラーメン 750円、ぶたダブル大ラーメン 850円

麺は、小麦の旨味を味わえる平打ちの極太麺。チャーシューのぶたは、肉の食感と程良く染みた醤油が美味い、厚切りで大ぶりのぶた。これが、すごい厚さで自分的には満足できます。スープは、しょうゆをベースとしたものに、豚の脂の旨み成分が入っているもので、いわゆる醤油とんこつ味です。九州(長崎)出身の自分は醤油ラーメンがなかなか舌に合わないですが、ここのスープは味が濃い目で十分に満足できます。

写真は普通盛りのぶた入りラーメン(700円)です。

スープは最後までは飲まないです。結構脂が多くてコレステロールが気になりますね。やはり、麺を少な目に頼む人が意外といるなと思っていましたが、少々大食いの私でも満足できる量です。私のお気に入りはぶた入りラーメンです。皆さんも近くに寄ることがあれば是非行ってみて下さい。量的には絶対満足間違いなしです。他の二郎系列のお店は多数ありますが、三田本店が自分の食欲を満たしてくれています。

 

②近況報告

プライベートではありますが、6月末に車を購入致しました。ホンダのフリードという車種です。

本来はホンダのステップワゴンを欲しかったのですが、嫁に大きすぎるから反対されて少しコンパクトなフリードになりました。結構周りで走っているのを見かけますので、リーズナブルでなかなか良いんでしょうかね。こう見えても一応は7人乗りではありますので、大家族になっても大丈夫ですね(笑)。

家族と言いますと、今のところ可愛い息子が一人います。今年の10月に2歳になります。そして、ご報告となりますが、現在嫁のお腹の中には二人目の子供が居ます。今年の12月に産まれる予定です。今のところおそらく女の子だろうと思われます。これから2人の可愛い子供と4人家族になります。まだまだ、未熟な私ですが、家族のために頑張っていきます。

質より量を優先したせいか、自分は食べ過ぎてしまって入社した時よりも10kgは太ってしまいました。夜の飲み会もその原因かもしれません。家族のためにもこの先健康でいなければと思いますので、食事には気を付けて運動していきます。ダイエットは苦しいですが、家族の為にも頑張っていきます。

つたない文章で申し訳ありませんでした。次は、福岡支店 新人の城さんにバトンを渡します。よろしくお願い致します。