久留米支店の伊東さんからバトンを受け取りました、北九州支店 在宅課の山下と申します。
さっそく本題に入りますが、皆様は日頃どのようなことで癒されていますか?運動してストレス解消、美味しいものを食べて気分転換・・・いろいろあると思いますが、私は猫と戯れることです。

image2

 

北九州地区には小倉に3つ、門司港に1つ猫カフェがあり、特におすすめなのは小倉北区旦過市場近くの「アンシャトン」というお店です。

猫カフェはそのお店それぞれで猫の性格が違います。ゴロゴロ甘えん坊、おっちょこちょい、人間と距離を置き、あなたはあなた・・・、私は私・・・といったタイプなど様々です。
左写真は、アンシャトンの猫ちゃんと一緒に撮ったものですが、このお店の特徴はとにかく人間と遊んでくれます。猫じゃらしなどでテンションが上がってくると爪が引っ掛かることがあるので、行かれる際は厚手のデニムなどを穿いてから行かれてください。料金は、30分500円、60分900円(各1ドリンク付)です。

 

続いて、皆様は猫の島をご存知でしょうか?全国には有名な島が12ヶ所あります。特に愛媛県の青島(人より猫の数が多いといわれる)、宮城県の田代島(ひょっこりひょうたん島のモデル)は有名みたいです。

その中で北九州も「藍島」という島があります。ここ最近、個人的に行ってみたいと思う所でした。先日のシルバーウィークでこの念願が叶いましたので、紹介させていただきます。

行く前には、しっかり事前調査をしました。ポイントは2つ。

①島民の御好意で、猫にエサを与えていい場所がいくつかあるようです。

②エサを与える際は、エサが付近に散らばらないように紙皿などを使って与えましょう。

DSC00992

準備は万端です。いざ藍島へ。釣り人と、猫鑑賞が目的の方が半々といった感じで、船内は満席でした。人気みたいです。

DSC00998

島といっても小倉駅近くの小倉港から定期船で35分ほどで到着しました。

無題

 

早速、猫ちゃんがいました。歓迎してくれているのでしょうか。私の興奮度が高まっていきます。

DSC01010

DSC01012 DSC01020

DSC01033 DSC01107

とにかく猫がいっぱい!!

他にも観光客がいますので、こちらがあの猫と遊びたい!と思っても、猫は他の方と遊んでいます。そんな時に編み出したのが、袋カサカサです。やり方が汚いかもしれませんが、私がかばんの中に手を入れて、中で袋をカサカサすると猫はエサをくれる!と思います。そうするとタッタッタとこちらへ来てくれます。
島内を散策して、約2時間くらいで回りきれるくらい小さな島です。島民の方々もおだやかな方ばかりで、道に迷っていたら優しく声をかけていただきました。もちろん猫もおだやかで、人慣れしているので、驚いたりしません。こちらがしゃがみ込むと猫はだいたい寄ってきてくれます。持参したエサも全て無くなり、私の気持ちは満足しました。

猫大好きという方には、北九州に寄られた際はぜひお勧めします。最後まで、見ていただき有難うございます。

次回は、鹿児島支店の野元さんです。快く引き受けていただき有難うございます。宜しくお願い致します。
こんにちわ。久留米支店営業3課の伊東です。
長崎支店の森内さんとはお会いしたことがありませんが共通の先輩がいるとのことでバトンを受け取りました。次のキックオフでお会いできることを楽しみにしています☆

さて、本題ですが、社会人になって出身地を聞かれることが多くなり、私は福岡市の西の端にある周船寺というところが地元なのですが・・・なかなか知名度も低く理解して頂けないとこも多いため、私が糸島市のすぐ近くです!と言うことが多いので今日は糸島についてご紹介したいと思います。

福岡県糸島市は2010年に前原市と志摩町と二丈町が合併してできた発足したまだ比較的新しい市なのですが観光地も増えて今大変活気のある市です。

私が一番のオススメしたいのはフランス発の自然共生型アウトドアテーマパーク「フォレストアドベンチャー」です!!!

無題01

 

専用のハーネスを着用し、木から木へ空中を移動しスリル満点です!!!

まさにターザンになったかのような気分を味わえます。そして展望スポットからは糸島の海が一望できます。私は、夏に行き特に季節を感じることはできなかったですが、春にはサクラ、シャクナゲの花が咲き、秋には紅葉をみることもできるそうです。まだ九州には糸島にしかないようです。

また、フォレストアドベンチャーの近くには糸島の観光名所の一つでもある「白糸の滝」があります。

無題02

ここもまた良いところで沢山マイナスイオンを浴びることもでき、売店もあり、「焼きやまめ」や糸島のブランド牛乳「伊都物語」を使った絶品ソフトクリームや水まんじゅうなど、涼しげなスイーツを味わうこともできます。私は、フォレストアドベンチャーからの白糸の滝コースをオススメします!(^^)!

最後に、ご紹介したいのが、これからシーズンを迎える「カキ小屋」です!!!!

無題03

糸島のカキは、実が大きくとてもぷりぷりしていて本当に絶品です!!!!!またカキ小屋ではカキだけでなくサザエやエビなども堪能することもできます。お吸い物やカキフライ、カキの炊き込みご飯などサイドメニューも充実しています。カキが食べたいと思ったら是非、糸島へお越しください☆

まだまだ糸島は良いところが多いですが、語り出したら止まりませんのでこの辺で終わりたいと思います。最後に糸島のゆるキャラの「イトゴン」で締めさせて頂きます。

無題04

イトゴンのプロフィールはこちらです  → http://www.itogon.info/c_what/contents/index.html

次は、私が北九州支店で大変お世話になりました北九州支店の山下さんです。快くバトンを受け取って頂き、ありがとうございました。よろしくお願いします。

皆様、こんにちは。 画像診断専任部の酒井さんより突然のご指名をいただきました、長崎支店 営業三課 入社1年目の森内と申します。1年目の若造には、当分回ってこないだろうとタカをくくっておりました・・・(汗) 油断は禁物ですね!!!!!
まだ勝手もわかりませんが、タイトルの通り「徒然なるままに」書かせていただきます・・・

さて、何を書こうかと、この記事を書いている最中にも悩んでおります・・・。もうすぐ10月になり、季節は秋に差し掛かってきますが、秋といえば!

読書の秋・食欲の秋・スポーツの秋

ということで今回は大学生のときにやっていたフットサルについて書きたいと思います。

 

徒然1

2012年に行われた FIFAフットサルワールドカップでは、サッカー界からキングカズ(写真右上)が招集されたことも話題になりました。

みなさん、フットサルという競技自体は知っていても、サッカーと同じようなものという認識の方も多いかと思います。 ですので、まずは簡単にフットサルとは!!!!

・・・と、書き出してみたはいいものの、基本のルールなどをつらつらと書いても退屈なので、私が思うフットサルの良さを紹介しようと思います!!!!

(※個人的な見解ですので悪しからず。)

男女問わず、初心者でも気軽に参加できる!!!!!!!

 

徒然2  ←大学のフットサル部

 

これが一番です! 誰でも、気軽に参加できるスポーツです! まず、1チーム5人で10人が集まれば試合ができるということも、気軽にできる要因の一つです。  場所に関しても、最近ではフットサル専用の屋外コートも増えてきており、また普通の体育館でも行うことができます。 屋外コートで、ナイター設備があるところなどは、夜遅くまで開いているところもあるので、仕事終わりに参加することもできます(^O^)/

フットサル場主催の大会もあり、多くのところはレベルに合わせた、女性も参加できるような男女ミックスクラスなどのクラス分けがされているため、気軽にチームを作って、試合にも参加することができます。

 

徒然3

この写真はネットから引っ張ってきましたが、フットサルを通じて出会いを求めるフットサル合コン、略して「サルコン」というものも開催されているようです・・・。(笑)

 

 

肌寒くなってくるこれからの季節に、パートナーがいらっしゃらない方は是非「サルコン」に参加してみてはいかがでしょうか・・・(~_~;)(笑)

実際のところ、紹介している私も入社して以来、数えられるほどしか運動できていません・・・ですので、これを機会に私もスポーツ読書、そして食欲の秋!!! 実践していこうと思っております(^O^)/

最後に、私からバトンパスさせていただくのは、久留米支店の伊東紡さんです!!! 初めてのお電話で、いきなりのお願いでしたが、快く引き受けていただき、ありがとうございます(^O^)/
佐賀支店の藤井さんからご指名頂きました。営業本部 画像診断専任部の酒井です。超音波診断装置の北部九州を担当させていただいています。早速のご指名、ありがとうございました。今年2月に営業本部に入社いたしましたが、まさかこんなに早くご指名が来るとは・・・・・。

何を書こうかと迷いましたが・・・・さっそくですが、私の趣味を書き綴ってまいります。

5年程前に何気なく入ったBARに「ダーツ」があり、やり始めたのがきっかけです。当初は、適当にやっていたのですが…お酒を飲みながら手軽にできることもあり、いつの間にかはまってしまいました。

今回、ちょうど8月上旬に福岡でアマチュア大会があり、ダブルスのBBフライトクラスで出場しました。レベル別にクラス(6クラス)が分かれており、BBフライトクラスの出場チームは120チームぐらいです。

FullSizeRender

 

 

 

写真は、「ダブルス(2人1組)」でペアを組んだ「沖縄出身の喜屋武君25歳」。

IMG_3004

         (ちょうど干支が一回り下だったことにビックリしました)

お店の常連客で「チーム」を作っています。私が着ているのは「max FUKUOKA」というダーツバーのゲームシャツです。(スポンサー名が喜屋武君で隠れていますが…)

下の写真はメンバー

IMG_3198 IMG_3195

IMG_3196 IMG_3197

 

 

 

大会は、サッカーと同じように「リーグ戦4試合」を行い、「上位3チーム」が決勝トーナメントに進みます。(64チームでのトーナメント戦)

IMG_2971 IMG_2974

IMG_2992 IMG_2993

試合中の模様…こんな感じです。

 

結果は….トーナメント4回戦(ベスト8)で敗退してしまいました。3位タイ(ベスト4)で、表彰されましたが…残念!

試合の結果とは関係ないですが、2人で消費した生ビールは30杯!緊張と楽しさと暑さで、ビールが美味しくて、美味しくて!

次は、長崎支店 期待の新人 森内さんです。よろしくお願いします。