皆様こんにちは、長崎支店 豊竹さんより御指名頂いた、熊本支店 崎田です。

熊本に転勤して、早半年・・・・まだ一度も馬を食べていません。そこで先輩社員に案内してもらい、馬を食べまくったので少しご紹介したいと思います。

2010/12/18  AM11:30 まず一軒目は、こちら・・・・

『馬櫻』

ランチもやっているらしいので早速入店。

昼なんでさすがにアルコールゼロにしました。ちなみに、これは案内人の菊池さんです。眼鏡外してキメ顔していますが、メニューで反射して残念な感じに写ってますね。

まずは、

上レバー刺し・・・これは絶品でした。コリコリだけど柔らかく、ほのかな甘味がたまりません。

馬スジ煮込みは、何故か酸っぱい味つけで・・・・好みによりますね。

メインディッシュは

馬ヒレステーキ

これは、見たまんま・・・・うますぎです。しかも馬は牛の1/3らしくヘルシーな肉らしいですね。

 

 

お会計は二人で4000円でした。ボーナスが出てなかったら、まず昼間っからは来れませんが、大満足です、ところが菊池さん、後輩の私に会計を任せて先に出て行きました。先輩の反面教師ですね・・・・・。

 

 

 

 

 

2010/12/18  PM1:00

二軒目はこちら・・・

菅乃屋

結構有名店らしいです。

馬舌刺し美味しいらしいのですが、昼はランチメニューしかなかったので、馬焼肉定食と馬ホルモン煮込み定食をそれぞれ注文しました。ボリュームもあり、とてもうまかったです。しかも胃もたれもナシ☆。

こ の人・・・俺のデザートまで食ってます。もはや“人”として、どうなんですか・・・?お会計は、二人で3900円。なんとも贅沢な一日でした。 菊池さん、今日は案内してくれてありがとうございました~。ちなみに、最後はもちろん、食った分をきっかり払ってもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

旨いモノ食って、一方的に紹介しただけな感じですが・・・・・これで終わりです。 次は、長崎支店の岩永さんです。メチャクチャ面白いヤツ、期待してますよ~★

久本さんご指名ありがとうございます。長崎支店 豊竹が今回担当させていただきます。

早速ですが、先週末に大阪旅行に行きましたので、その時に体験した出来事を徒然なるままに書いていこうと思います。

色々行ってきたのですが、一番思い出に残ったのはインスタントラーメン発明記念館です。

タイトルにもありますが、ここでは自分でデザインしたカップに好きなトッピングで世界にひとつのカップヌードルを作ることができます。

1.カップを買う

1つ300円で一人何個でも購入できます。「CUP NOODLE」のロゴのみであとは真っ白です。スープの種類の関係上ワタシは4個購入しました。

 

 

 

 

 

2.手を綺麗にする

省略。。。

3.カップをデザインする この工程がメインどこのひとつです。10色くらいあるマジックでカップに絵や模様を書いていきます。

ピカ〇ュウ

 

 

 

 

 

 

チキンラーメンのひよこ

絵に自信があったわけではないですが、我ながら酷い出来でした・・・・

ぷっす〇の画伯を彷彿とさせる出来ですが、見ようによってはゴール〇ンエッグスみたいでこれはこれでアリ?

 

 

4.カップにめんを入れる

いよいよ中身に突入です。 専用の機械でめんを入れていきます。 右下のハンドルを回すと圧縮してめんがセットされます。

 

 

 

 

 

5.スープと具材を選ぶ

メインどこ2つめです。

スープは4種類のうち1つ、具材は12種類の中から4つを選べます。

組み合わせは5460通り!!

オリジナリティを出そう!とここが一番テンション上がりました。

 

 

この中から選んでいきます。

 

 

 

 

 

 

1つめはカレースープ

焼きモツァレラチーズ、コロチャー、グリーンアスパラ、ひよこちゃんナルト

美味しそう♪

 

 

 

 

2つめはシーフードスープ

チェダーチーズ、エビ、ネギ、ひよこちゃんナルト。

シーフードにエビって・・・・市販のシーフードヌードルと変わらない・・・選択ミスでした(笑)

長くなるので残りは省略

 

 

 

6.カップにふたをする

これまた専用の機械でふたをします。

 

 

 

 

 

 

7.シュリンク包装する

同上

一瞬でできるのでこのあたりはあんまり覚えてません。

 

 

 

 

 

8.完成!

世界にひとつだけが4つも完成しました。

ここまでの所要時間はおよそ1時間。

実際に食べるのは家に帰ってからですが、

勿体無くて食べれないかもです。

 

 

 

周りは圧倒的に小学生くらいのファミリーが多く、若干浮いていたようにも思いましたが、とても楽しめました。

大阪に行かれた際は是非立ち寄ってみてください。

次は熊本支店の崎田くん!あとは頼んだ^^b

 

 

宮崎支店・波多君、まさかの御指名ありがとうごいます。大村支店 三課 久本です。

休みの日は家に引き篭もっているか、遊技場で預金or引き出しのどちらかをしているかの私にブログなんて・・・とカレンダーとにらめっこしながらこの原稿を書いてます。

で、殆ど無趣味と言っていい私の唯一の趣味が読書(もちろんマンガも大好きですが)です。私が原稿を書いている季節(読書の秋)にちょうど合っているので、私が大好きな作家について少し書こう思います。私はフィクションを中心に読んでて、その中でも「ノワール」や「ハードボイルド」、「このミス」系のジャンルを中心に読んでます。

まず、私が一番大好きな作家が「馳 星周」です。その中で一番好きな作品が、「不夜城」、「不夜城Ⅱ」、「不夜城 完結編」です。金城武主演のこの映画は観た事ありませんが、この本の感想を言わせてもらえれば、「圧倒的な迫力!!!練りに練られたストーリー!!!であっという間に馳星周ワールドに引きずり込まれてしまいました(コッチ系が嫌いな人は、この作者狂ってるんじゃないかと思うかもしれません)。

これが最新作の「エウスカディ」です。

これもかなり面白く私の中でランキング上位に入る作品で、一気に読んでしまいました。

次に好きな作家は大沢 在昌です。「新宿鮫」シリーズをはじめ色々なシリーズ作品を発表していますが、この人の作品も中々ハズレがなく楽しく読ませてもらってます。

最後に新堂 冬樹で す。この人の作品を始めて読んだのが「忘れ雪」(宝塚でも公演されたこともあるみたいです)で、感動した作品でした。ちなみに映画化された「引き出しの中 のラブレター」を書いたのもこの人です。それとここでは題名を載せるのを差し控えさせていただきますが、ある作品は「2005年 有害図書圧倒的No.1!!!」という名誉?な評価をいただいたりしてる作家さんです。保育園からの友人にこの本を貸したら、後日面白かったけど、親友に勧める本じゃないよね?とメールが来ました。

これからは電子辞書の流れになりそうで出版されるの本が減りそうで心配ですが、皆さん秋(これが掲載される時は冬ですが・・・)の夜長にビール片手に読書なんてどうですか?。

次は長崎支店 一課 豊竹君 よろしくです。

今回、『徒然なるままに』担当します宮崎支店 波多 眞澄です。

まだまだ回ってこないだろうと安心してましたが・・・大学の後輩がいた事を忘れてました。。まさかのルートでビックリしましたが、しっかりバトンを繋ごうと思います。

以前から『もし、回ってきたらどーしよう・・』と考えはしていましたが、最近はすっかり忘れて ました。 まぁ回ってきたらテキトーに思いつくだろうと・・・高を括ってました。そしたら突然にリレーが回ってきたわけですが、直前に新婚旅行に行ってた ので助かりました。旅行の思い出を書き込みます。

2010年9月末にハワイへ新婚旅行に行ってきました。

結婚式を挙げてからすでに一年近く経っていましたが、なかなか行けそうな時期が見つからずまた、行き先も決めれずにいました。特に行き先は、私はヨーロッパに憧れ、ヨメさんはハワイを 希望していました。私の中でヨーロッパは憧れで高額になるかもしれないが、もう海外に行くチャンスがないかもしれないならヨーロッパへ一度行っておきたい と考えていました。しかし、やはり金額が高いことや、英語がさっぱりなこと、海外旅行の経験がほとんど無いことが不安となり決断できずに時間だけが過ぎて いました。

待ちきれなくなったヨメさんは思いきって旅行会社にハワイへの旅行を申し込んでいました。突然 9月末の週をあけておくように連絡が入り、それに従うしかなくヨーロッパ旅行はあっさり消えてしまいました・・・そんな決まり方で急遽出発準備を始め、ハ ワイの魅力を予習する間もなく飛び立つことに。

いざ出発してみれば、久しぶりの飛行機と機内食などでハワイに着く前からヨメさんとはしゃいで ました。いいかげん疲れてボーとしてきた頃ついにハワイへ到着!!最初に外にでた瞬間、眩しい日差しのわりに爽やかな風のせいか暑すぎず、何というかホン ト爽やかな心地で、こんな気持ちがいいとは驚きました!

早速チェックイン前にアラモアナショッピングセンターに行ってヨメさんのショッピングに付き合い、ハワイといえばまずはロコモコを食べなければと、ヨメさんのリサーチ済みの店へ

お味はまぁまぁ・・・パイナップルティーは美味かったです。それからトロリーバスでホテルへ。行き先や停車場所の表示は日本語表示でホント気楽な移動ができ旅に余裕が感じれました。

ホテルはシェラトン ワイキキにて宿泊。目の前がワイキキビーチでリゾートにきた実感が沸きま した。早速、部屋からの景色を楽しみたくチェックインをさっさと済ませて部屋へ駆け込みました。ホテル予約時にオーシャンビューであることを条件にしてい たとヨメさんから聞いていたので、かなり期待していました。ところがカーテン開けてビックリ、目の前は建物ばかり・・・海側と反対の部屋でした。。イメー ジしていた広大を海を見下ろす景色とは程遠い景色にガックリ・・・。テラスの横側からちょびっとだけ海が見えました。オーシャンビューという表現で間違い ないけどなんか騙された感覚でした。

気を取り直して、翌日ヨメさんが絶対行くと決めてたイルカと遊べるシーライフパークへ向かい、イルカと一緒には泳げませんでしたが、触れたりキスしたりと・・・楽しかったです。

その後ワイキキへ戻ってホテル前のビーチで泳いで楽しんでました。このビーチではよく海ガメが 見られると後から知りました。浮き輪でしか海に入れないヨメさんがプカプカ浮いていたら、突然目の前に野生の海ガメが顔を出したらしく、爬虫類系が大嫌い なヨメさんが絶叫してました。『ギャー!!カメェ!カメェ!!』あまりの絶叫ぶりに、離れた所で泳いでいた私は一瞬 『サメ』 に聞こえてホント、ビビリました。。すぐ助けに近づけなかったことは今だにつつかれます。

そして翌日、今回のハワイ旅行でちょっと冒険してみました。これはいつもお世話になっている先 生からアドバイスもらったもので、ツアーや予約制アクティビティだと貴重な時間をかなりロスするとの事で、自分達で目的地へ行って好きなように行動して時 間をうまく使ったがいいよと。そこで突然レンタカーを予約し、あまり観光客のいない郊外のビーチを目指すことに。国際免許も準備せず、万一事故ったら旅行 が台無しと不安もありましたが、思い切ってみました。どーせ借りるならオープンカーにしようと張り切って出発!慣れない左ハンドル、ウィンカーも逆、信号 もイマイチわからん状態で案の定、逆走・・。フリーウェイになぜか乗ってたり、雨まで降り出し・・・。屋根も車止めないと閉じちゃいけないらしく、雨の降 る中フリーウェイを端に寄せることもできずオープンカーは走ってました。

ヨメさんがブーブー言うなか、さすが虹の島で雨はすぐやみ嘘のように晴れました。虹見る余裕ナ シ。そしてようやく目的地へ。そこはカイルアビーチといってローカルの人にも人気のビーチ。エメラルド色の海と白い砂浜のキレイなビーチでワイキキよりは るかにキレイでした!そしてそのビーチから徒歩15分ほどで天国の海ラニカイビーチへ!ここでは海も透明度が高く熱帯魚も見れました。ハラハラ運転してき た分たっぷり満喫してきました。

そして真っ黒に日焼けした後はホテル周辺でショッピングや食事を楽しみました。やはり日本食が恋しくなるというか自然と日本食の店を訪れ、最後は居酒屋で過ごしました。

ハワイで行くべきところはまだまだたくさんありましたが、初めての旅行で十分に感動してきまし た。外国であるけれど日本語だけで苦労もなく、気負いせずに楽しめました。もっと早くから行っておきたい場所でした。職場に迷惑かけるかもしれませんが、 是非来年か近いうちにもう一回行ってみようと考えてます。宮崎支店のみなさん、留守の間ありがとうございました。おかげ様で良い思い出がまた一つ作れまし た!ありがとうございます!

ここらへんで次のお方へバトンを送りたいと思います。次は大村支店の久本係長です、久本さん突然無理矢理のお願いすみませんでした!よろしくお願いします!

本社 業務課の中岡係長からご指名を頂きました、大分支店の上田瑠美です。

いざ指名を頂くと、なかなか書くことが考えつきませんでしたが私のおすすめを3つ紹介したいと思います。

まず、最初のおすすめはしょうがです。

私は、お味噌汁にすりおろした生姜をいれたりしょうが紅茶にして一日に3杯ほど飲むのを習慣に しています。人は、体温が1度上がると基礎代謝が12%上がるそうです。と言うことは、体温が1度下がると、基礎代謝が12%下がるので普段と同じ食事を していても太りやすくなる、と言うことになります。朝、果物としょうが紅茶だけで胃腸に負担をかけないようにするとこれが不思議と痩せます!

しょうが紅茶の作り方

材料 しょうが、紅茶、黒砂糖かはちみつ

1、しょうがをよく洗い、皮をつけたまますりおろします。(しょうがの粉末を使用しても良いです)

2、紅茶を入れ、すりおろしたしょうがをふたつまみ入れます。

3、黒砂糖かはちみつを入れます

すりおろしたしょうがには、食物繊維が豊富に入っていますし、紅茶にも黒砂糖にも、体を温める 作用があります。白砂糖は逆に体を冷やすので、あまり入れないほうが良いようです。大分支店では、事務も薬剤師の先生もみんなでしょうが粉末を購入してい て会社でもしょうが紅茶を入れて飲んでいます。この時期はとても温まるので、おすすめです。

次のおすすめは、熊本県上益城郡山都町にある幣立神宮です。

北海道からも人が訪れるほどの、有名なパワースポットらしいです。私は全く霊感がないので、なんとなく…といった感じですがとっても癒される場所で、行くと不思議と気持ちが落ち着くので近くに行かれた時は是非寄ってみて下さい。

高天原(たかまがはら)神話の発祥の地とされていて日本のパワースポットが点在する「中央構造線」上にあるんだとか。

ご神殿です。運が良ければ、お参りしている間に宮司様が出てきてお祓いをしてくれます。横に天神木があり、柵から出ている根を触るといいそうです。

ここから下へ降りていくと、神水が汲める東御手洗があります。

緑に囲まれた山道を下っていくのですが、途中にはたくさんの巨大杉が立っていて歩くだけで癒される場所です。ただ、行きは良いのですが、水を汲んで帰る時の登りがとってもきつい道です。

東御手洗には水玉の池があり、浄化能力がとても強いそうです。1匹だけ金色の鯉が泳いでいて、しばらくぼーっと立っていても飽きません。

逆から見た時の池の奥の光景。池の前でのんびりする人も多く、時間がゆっくり流れています。

東御手洗社本殿の脇にある湧き水です。右と左の竹筒からでる水は、右と左で味が違うと言われて います。ペットボトルやポリタンクを何個も持って汲みに来ている人が、いつも数組いらっしゃいます。宝石や貴金属をざるに入れて洗っている人や自分 の体の不調な部分を洗う人もいます。

幣立神宮の階段下の鳥居から、道路を挟んだ斜め前に酵母パンのお店がありオーガニックの材料でこだわって作ったパンが並んでますので行った際は、是非そちらにも寄ってみて下さい。

幣立神宮から大分に帰る途中は、長湯温泉に寄って帰る時もあります。最後のおすすめは、その長湯温泉です。

日本一の炭酸泉と言われていて、泉質の良さは私が入った大分の温泉の中でも一番だと思います。 ただ、泉質がすごすぎて浴室がだいぶ変色しているので、あまり綺麗ではありません。泉質より、見た目が綺麗な温泉が好きな方には、湯布院などの方がいいか もしれません。あと、おいしい食事処があまりないのがネックです。

写真の御前湯やラムネ温泉が有名です。湯布院や別府はもう何回も行った、という方は、是非長湯温泉も試してみて下さいね。

次は大学時代の先輩であります宮崎支店の波多先輩です。よろしくお願いします!